GRIとの連携 GRIガイドラインの理解と普及

GRI(Global Reporting Initiative)は、サステナビリティに関する国際基準の策定を使命とする非営利団体です。UNEP(国際環境計画)の公認団体として、国際基準「サステナビリティ・レポーティング・ガイドライン)を策定しています。

同ガイドラインは「サステナビリティ」という抽象的な概念を具体的な指標として可視化したもので、持続可能な経営を目指す企業をはじめ、さまざまな組織の活動を後押ししています。

これまでに改訂を重ね、現在、第4版まで発行されています。

サステナビリティ日本フォーラムは、2002年にGRIの日本メンバーとして覚書を交わし、以来、翻訳や頒布イベントの主催など、GRIガイドラインの理解と普及に努めています。

なお、GRIに関する詳細な団体情報は、以下サイトをご参照ください。

GRIガイドラインの歴史

2013年 5月 GRIガイドライン第4版発行
2011年 3月 GRIガイドライン第3.1版発行
2006年 10月 GRIガイドライン第3版発行
1月~3月 パブリックコメント募集
2005年 12月 GRIガイドライン第3版ドラフト発行
2003年 SFP(Structured Feedback Processes)をスタート
2002年 9月 GRI本部をボストンからアムステルダムへ移動
ステークホルダー協議会(SC:Stakeholder Council)を設立
最初の業種別補足文書を発行
8月 GRIガイドライン第2版を国連持続可能な開発に関する世界サミットにて発行
4月 GRI発足記念行事をニューヨーク国連本部にて行う
1月 独立機関としてのGRI設立のための理事会を発足
2001年 ガイドライン改訂のための作業を開始
マルチステークホルダーによる業種別補足文書の作成作業を開始
2000年 11月 ワシントンDCにて国際シンポジウムを開催
6月 GRIガイドライン第1版を発行
1999年 3月 GRIガイドライン公開草案を発表
ロンドンにて国際シンポジウム開催
1997年 9月 CERES(Coalition for Environmental Responsible Economies)が国連環境計画(UNEP)などの協力でGRIプログラムを開始

ページのトップへ