EU会計指令改訂と非財務情報開示~中長期的な成長戦略・ESGにどう対応するか~

概要

開催日 2015/11/18

・EU非財務情報開示と今後の動向および世界への影響
・非財務情報開示における日本企業の課題
・パネルディスカッション:中長期的な成長戦略・ESGにどう対応するか

詳細

Sus-FJでは、2015年度最終のイベントとなりますシンポジウムを行います。

EUは、2014年10月に会計指令を改訂し、非財務情報(環境事項、社会及び従業員関連事項、人権尊重、並びに反腐敗及び贈収賄事項に関連する情報)の開示を義務化しました。会計指令の改訂部分を翻訳したことを機に、そのご紹介を兼ねて中長期的な成長戦略・ESGにどう対応するかを議論します。

ご多忙中とは存じますが、皆様には是非ともご参加いただきたく、ご高配のほどよろしくお願い申し上げます。

テーマ PwC共催シンポジウム「EU会計指令改訂と非財務情報開示~中長期的な成長戦略・ESGにどう対応するか~」
日時 2015年11月18日(水)13時30分~16時45分(13:00受付開始)
場所 プライスウォーターハウスクーパース サステナビリティ株式会社 セミナールーム
東京都中央区銀座8-21-1 住友不動産汐留浜離宮ビル 22F
定員 120名(会員優先)
主催 NPO法人サステナビリティ日本フォーラム(Sus-FJ)
共催 プライスウォーターハウスクーパース サステナビリティ株式会社
費用 Sus-FJ法人会員様2名迄無料/一般3,000円
詳細 案内チラシをご覧ください(PDFファイル:940KB)
お申込み  https://krs.bz/pwc/m/eukokaikei

ページのトップへ